群青ノスタルジア

日常と、音楽と、これから

違う世界を生きている

 

 

あっという間に7月です

知らぬ間に梅雨が明け、夏に突入し、

例年通りの勢いで冬に向かうのかと思うと

昨年以上に自堕落な生活がしたくなります

 

昨日、嵐のワクワク学校に行きました

嵐のイベントは

コンサート然り、ワクワク然り、

私の中で夢そのものだと思っていて

夢と大差ない感覚なので

終わった後、断片的にしか思い出せません

 

毎度のことながら

終わると幻と化する嵐ですが

何度見ても

実在していないかも、と思ってしまうのは

何故でしょうか

 

はっきりと覚えているのは

出てきた彼らを見て

移動する彼らを見て

今年も生きていた と思ったこと

 

画面を隔てて見ている彼らを

無意識に、心のどこかで

画面の中の住人だと思っているんだなあと

自分の感覚に苦笑いしました

 

極論、直接見ても

そこにいるって認識はあんまり出来ないから

もう駄目ですね 末期かな

きちんと認識したのはVS嵐の番協だけ

2mもないところにいた時は

嬉しさよりも、何よりも

恐怖が勝ったのでそれはそれで末期ですね

 

画面を隔てているくらいが丁度良い

適切な距離感を崩されると

こんな近くに居ていい人間じゃない

その事実に怖くなるので

 

芸能界と一般社会の境界線を

keepoutのテープでしっかり引いてほしい

 

楽しかったです

昨日も相変わらず「いつもの嵐」でした

 

今日も、11時と17時の二公演ありますが

嵐も、Sexy Zoneも、ファンも、

体調を崩さないようにね

 

今年も変わらず

一緒に生きていけたら幸せです

 

 

f:id:memoire3104:20180701150203j:image

 

 

そういえば

5月に続いてまたNHKの若手番組当たりました ... 

嵐よりSexy Zoneに会っている気がします ...

Sexy Thank you ...